フィラリアの薬を飲んだ後元気がないのが心配……大丈夫なの?

犬の薬評価広場へご訪問ありがとうございます!犬の薬の不安や疑問をスッキリ解消!初心者が不安に思っていることも当ページではすぐ解決できます! - フィラリアの薬を飲んだ後元気がないのが心配……大丈夫なの?

犬の薬評価広場

フィラリアの薬を飲んだ後元気がないのが心配……大丈夫なの?

現在、フィラリアを予防するためには定期的な薬の投与が主流です。体内に侵入してしまったフィラリアの幼虫が血管内に侵入する前に駆虫する効果があるものですが、大切なペットに飲ませた後に元気がなくなる様子を見ると、本当に飲ませ続けていいのか不安になってしまうという飼い主も多いでしょう。
そこで、フィラリアの予防薬の必要性について改めて考えていきたいと思います。

身体への負担について

フィラリア予防薬を投与後、食欲不振や嘔吐、何となくぐったりとしている様子が見られるなどの副作用が報告されています。フィラリア予防薬の駆虫効果はフィラリアの幼虫のみに作用するものですが、虫を殺すほどの効果がある薬を取り入れた犬の身体に何の影響も与えないということはないのです。どんな薬でも身体に何らかの負担をかけてしまうことがあり、こうした症状が表れることは珍しくありません。
ただし、フィラリア予防薬は比較的安全な薬で、用法と用量を守って投与すれば重篤な事態に陥ることはほとんどないとされています。飼い主が犬の健康に問題がないことを確認し、できるだけ負担を掛けないように元気な状態の時に与えてあげる気配りも大切です。

副作用よりも怖いフィラリアの発症

フィラリアは発症すると死の危険性もある病気です。治療は心臓に達してしまったフィラリアを駆除する大掛かりな手術を行ったり、血管内にいる虫を取り除くなど非常に大変なものになります。それこそ、予防薬を投与した後に見られる元気のない様子など比べ物にならないほどの負担です。
そんな事態に陥らないためにも、大切なのはフィラリアを発症しないための日頃のケアになります。予防薬に関しては犬種や個体によっても相性がありますので、体質に合うものを与えるようにしてください。投与後の犬の様子がかなり違ってきます。
心配なことがあれば獣医師にも相談をしてさまざまな薬を試してみるようにしてください。

大切なペットを苦しめないためにできること

予防薬を飲ませないというのも一つの方法ではありますが、室内外をしていればフィラリアを100%感染を防げるというわけではありませんし、万が一の事態に深刻なダメージを受けるのは犬自身です。
だからこそ、そんなリスクを軽減できる予防薬が重要になります。大切なペットを苦しめないために何をするべきか、そう考えていけば悩むこともないでしょう。

犬の薬評価広場TOPへ