フィラリアの薬を飲む前の診察は、どんな意味がある?

犬の薬評価広場へご訪問ありがとうございます!犬の薬の不安や疑問をスッキリ解消!初心者が不安に思っていることも当ページではすぐ解決できます! - フィラリアの薬を飲む前の診察は、どんな意味がある?

犬の薬評価広場

フィラリアの薬を飲む前の診察は、どんな意味がある?

愛犬を飼っていると、毎年夏前になるとフィラリアのお知らせが来ませんか?これが来るたびにそろそろこの時期かと思い出す人は少ないないですね。フィラリアという病気なh、蚊によって感染する犬の病気です。感染して放置しておくと危険な状態になることもあるのですが、今は予防薬があるので、それを飲ませることで感染を予防することができます。その年の初めての受診の時には、必ず医師の診察があります。この診察にはどのような意味があるのでしょうか。

初めての診察では成虫がいないかどうかを確認する

フィラリアの薬を飲む前の診察では、必ず採血が行われます。医師の診察を行って犬に問題がないかどうかを確認し、更に血液を調べてフィラリアの成虫の子どもであるミクロフィラリアがいないことを確認しておかなくてはいけないのです。
もしも成虫の子供が存在する場合、血液の一滴に数百匹くらいいるので、薬を使うと、大量に死骸が発生し、それが血管に詰まることにより、ショックを起こすことがあるからなのです。フィラリアの薬は非常によく効く薬です。そのためこれを飲んだ後に、数時間でミクロフィラリアの死亡し、詰まることがあるのです。血管が詰まった犬は急激に変化ししてしまうのです。この検査は自体は1500円程度で行うことができます。

フィラリアの検査とかねて、犬の健康診断をする

毎年行われるフェラリア検査ですが、犬の年齢や健康状態によって、血液を少し多めに取って健康診断を兼ねることもあります。犬がまだ若く、食欲もあり元気な場合は、問題ありませんが、犬も10歳を過ぎたり、これまでの病気をしたことがあると、定期検査をする必要があることもあるのですね。そのためにこのフィラリア予防薬をあげる前の診察は、犬の健康状態を知るために重要な役割を持つのです。
またフィラリア予防薬は定期的にあげますが、その間にも診察を受けますね。この時に診察の意味は、フィラリアの薬によって肝機能などに影響を及ぼしていないかということを確認する意味があるのです。

まとめ

フィラリアの薬を飲む前には、あらかじめ成虫の子供であるミクロフィラリアがいるかどうか確認をする必要があります。そのため、診察を受けることが重要なのです。また薬を内服中にも副作用を確認するために診察は重要です。

犬の薬評価広場TOPへ